2018.07.17

YZF-R1 20th Anniversary YZF-Rオーナーズミーティング

YZF-R1YZF-R6



6月23日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された「YZF-R1 20th Anniversary YZF-Rオーナーズミーティング」は、 R1誕生から20年の節目として、盛大に開催されました。
 
 

 
今回の目玉企画の一つが、SUGOのサーキットコースを新型YZF-R1、R6で走れるという試乗会。
 

 
国際レースで使用しているコースで最新マシンの能力を体感すべく、9:30の受付開始を前にすでに早朝からゲート前に大行列!!
 

 
YZF-R1(24名)・YZF-R6(36名)合計60名に対し、120名以上が並んでいました。
 

 

 
公正を期すべく先着順。乗れなかった方ごめんなさい!
 

 

 
試乗は各回5台ずつ、R1が2台、R6が3台で行われました。
 

 
試乗した多くの方がR1オーナーで、自分のR1と最新作の乗り比べをしてみたかったとか。
中にはR1を購入して納車待ちだけれど待ちきれずに乗りに来たという方もいらっしゃいました。
では、皆さんの感想を聞いてみましょう!
 
 

金子さん(30代)
バイク歴:10年/所有バイク:YZF-R1(2007年)/試乗したバイク:YZF-R6

「R1を乗り比べるつもりで来ましたが、R6楽しかったです。
マフラーから聞こえてくる音もいいんですけれど、回転の上昇に伴い聞こえてくる吸気音が良いですよ!R1だと公道じゃまともに回せないけどR6だと回せる楽しみがありますね。倒してアクセルを開けていくとピタッと来る。
バンクさせたときの接地感が良くて安心してコーナリングできる。自分のR1の方が速いなとは思うけれども、このR6の方がコーナーの安定性があって足がすごく動いてくれます。」

写真左から
バリさん(40代) 所有バイク:YZF-R1/試乗したバイク:YZF-R6
阿部さん(40代) 所有バイク:YZF-R1/試乗したバイク:YZF-R1
タケシさん(40代) 所有バイク:VMAX1700/試乗したバイク:YZF-R1

阿部さん:「軽かった。とにかく。自分のR1より全然。操縦感、ハンドリングが良いっていうか、エンジンが滑らかっていうか”ス~〜”ってね。」
タケシさん:「そう、”ス~〜”って。軽く倒れていくしゴリゴリした感じが無くて、あんなに違うとは想像以上!いいなあ、あれ。もうちょっと2〜3周走って高い回転で倒してみたかった。R6は乗ってるR1に比べるとパワー足りなかった?」
バリさん:「いや、パワーは足りなくないんだけど、パワー感っていうかあまりにもスムーズすぎて”サ〜〜”っていっちゃうの。それよりも俺はあの音が気に入っちゃって。R6は回せるから面白い!」
タケシさん:「R1もエンジンの回転がスムーズで滑っていくような、なんかベアリングで例えると、ゴリゴリしてるやつを新しいやつに入れ替えたみたいな(笑)。」
阿部さん:「コーナーは”ス〜〜”って寝て寝すぎないのがまたすごくいいよ。自分のR1(08年式)と比べてもいい意味でリッター感を感じないね。次もまたR1乗り継ぐかなって思いました。」
全員:「あと、デザインはやっぱりヤマハが一番だね。」

ニッチョさん(40代)
バイク歴:25年/所有バイク:YZF-R1/試乗したバイク:YZF-R1

「R1(13年式)に乗っていますが違いがありますね、予想以上に軽くて乗りやすい!!
クイックシフトが使いやすくてコーナリングに集中できました。試乗速度なのにも関わらずコーナーで気持ち良さを感じられました。宝くじが当たったら1番に買うのはこれです(笑)。」

小海さん(20代)
バイク歴:2年/所有バイク:YZF-R6/試乗したバイク:YZF-R1

「普段はR6に乗っています。まだバイクに乗りはじめて2年なので、R1だとパワーが有るので乗る前は少し怖かったのですが、トルクがあるおかげで走り始めがラクでした。安定性がありますね、自分の身体についてくる感じ。とても欲しいと思えたので何年か後には!」

安藤さん(20代)
バイク歴:16年/所有バイク:ハーレーFLSTF1580cc/試乗したバイク:YZF-R1

「子供の頃はサーキットをやっていて今は大型に乗っていますがハーレーで、スーパースポーツに乗るのはこれが初めて。加速が気持ちよすぎです!ニーグリップしやすくて姿勢もきつくない。思っていたより扱いやすくてスーパースポーツへの怖さがなくなりました。
普段ツーリングでは峠で減速を考えるばっかりですが、これなら純粋に峠道を楽しめますね。サーキットでも遊んでみたいです。」

写真左から
うっちーさん(40代) バイク歴:13年/所有バイク:YZF-R1(2008年)/試乗したバイク:YZF-R1
くまにぃさん(40代) バイク歴:15年/所有バイク:R13、R25、R6/試乗したバイク:YZF-R1

くまにぃさん:「新しいR6納車終えたばかりです!で、今日はR1。」
うっちーさん:「埼玉から二人で参加しました。クロスプレーンのパワーはドーンと来ないでなだらかな感じ。スタートのトルク感があるし、乗っていて安定感があったね。」
くまにぃさん:「一般的な意味でも乗りやすさが増している。クラッチを落とさないで高速のギアのままでカーブに入ってしまったけれど、低速になって振動はしてもちゃんと持ちこたえててくれた。」
うっちーさん:「遅くなっても下から来てくれる感じだからカーブで焦ることもない。普通だと失速しちゃうけれどなだらかに行ってくれるね。」
うっちーさん:「このR1で峠道行ってみたい、高速コーナーのあるところ。スピードを出したとしても、コントロールさえできれば、多分すごい速さで曲がってくれる。」
くまにぃさん:「普通にカーブで寝かせても全然ブレたりとかしないし。さすがに今日は試乗車でそこまではできなかったけれど。あともう一言、青のマシンに乗りたかったな(笑)」

りょうさん(40代)
バイク歴:1年/所有バイク:MT03/試乗したバイク:YZF-R1

「実は大型の免許を取ったばかりなんです。教習車の後に初めて乗ったのがこのR1(笑)。
コーナーリングはまだ怖かったですが、これならもっと倒してみたい気になりました。もともと免許をとったらYZRに乗りたかったので、今日は本当の意味での試乗ですね。デザインもR1がドンピシャで好み。顔がいいですよね!あと、テールランプの形が好きです。バッチリ欲しくなりました。」

大島さん(40代)
バイク歴:26年/所有バイク:YZF-R1、R1M/試乗したバイク:YZF-R6

「91年のTZR-250Rに始まりヤマハバイク一色です。99年に初代R1に出会いそれからR1に乗りつづけて現在は、R1(07年式)を下取りに出して18年式R1Mを納車待ち!
R6の乗り心地は、自分のR1と比べると車体が軽く、ハンドリングも軽いです。ただ、ペースを上げないとサスが動かないような気も(まあセッティング次第かもですが?)。少ないバンク角でも旋回していくので、どんどん走り込みたくなります。許されるならば、理想はR1Mとの二台持ち!」

写真左から
やまさん(30代) バイク歴:7年/所有バイク:YZF-R1(2009年)、ゼファー750/試乗したバイク:YZF-R6
まこさん(30代) バイク歴:5年/所有バイク:ZRX1100/試乗したバイク:YZF-R6

やまさん:「軽い!ヒラヒラと想いのままに動いてくれて、倒した分だけ曲がってくれる。」
まこさん:「普段ネイキッドに乗っているのでちょっと乗りづらかったけれど、加速感が気持ちよくしてくれた。」
やまさん:「1000だとトルクがすごいし操作がシリアスだけれど、こっちだとある程度ラフに乗ることができるね。R6のスピードレンジが公道だとちょうどいいのかも。回せるから音もいいし。」
まこさん:「高回転時の排気音がいかにも速そうな良い音。」

写真左から
あっきーさん(50代) バイク歴:35年/所有バイク:GSX-1300R L1/試乗したバイク:YZF-R6
みみさん(40代) バイク歴:5年/所有バイク:カワサキ・バリオス250cc/試乗したバイク:YZF-R6

みみさん:「大病をしたきっかけで、気分転換にと主人の趣味であったバイクを薦められて5年前に免許を取りました。普段は250ccですが、コーナーリングが思っていたよりもヒラヒラと曲がってくれるのでとても気持ちよかったです。女性の方でも乗りやすいバイクだと思いました。」
あっきーさん:「軽くてとても曲がりやすい、扱いが楽しいですね。前傾ポジションが私にはきつかったので、ツーリングよりサーキット用にいいかも!」
みみさん:「身長160cmなので足つきのところさえクリアできれば。。。あとは価格(笑)」

写真左から
タクトさん(30代) 所有バイク:YZF-R1(2009年)/試乗したバイク:YZF-R6
ヒロシさん(30代) 所有バイク:YZF-R1(2004年)/試乗したバイク:YZF-R6

ヒロシさん:「プレストの試乗会で、愛知や沼津も行っていたんですけれど、今回はサーキットということで群馬を朝6時に出てきました。サーキットに向いているバイクですね。今自分が乗っているR1より下道に向いているかも。取り回しがラク。軽い。」
タクトさん:「コーナリングでバイクがよく寝てバタンって感じで倒れた。もう少し乗らせてもらってクイックシフターをうまく使ってみたかったなあ。」

なおじさん(40代)
バイク歴:26年/所有バイク:YZF-R6(2003年)/試乗したバイク:YZF-R6

「高2からバイクに乗りはじめて2003年に新車でR6に乗って今75,000km。新しいR6は何速からでも楽しめますね。
ギアを下げていかなくても曲がっていくし。切り返しや最後のシケインでもパタンパタンと、ほとんど意識しなくてもちゃんと曲がれる。ラフに乗ってもなんとかなっちゃうラクさがR6の魅力かも。
実は、愛車のR6に困っています。乗りやすくて買い換えるきっかけが無い(笑)。ツーリングも疲れにくいし、山道も走ってくれるし、壊れないし、マイナス点が無くて。R6は買い換えるきっかけが無いぐらいにラクに乗れる良いバイクです!」

 
 

 
参加されたライダーさんのバイク歴もスキルもまちまちなので各回の走行スピードは違ったようですが、法定速度や交通事情を気にすることなく、ただ走ることだけに専念できるサーキットならではの非日常体験を誰もが楽しんでいました。
 
R1に乗りたかったけれどすでに一杯で、仕方なくR6に乗車したという方も多くいらっしゃいましたが、R6にはまた別の魅力を感じていたようですね。
 
乗車後の皆さまの感想から感じたのは、総じてR1、R6への深〜い愛。
 
試乗走行後も、会場には、8耐優勝車両の展示に歴代R1の開発プロジェクトリーダー7人によるトークショー、メーカー販売ブースがずらりの盛りだくさん。午後にはYZF-Rシリーズの模擬レースに、中須賀克行選手による「YZR-M1」のデモンストレーション走行が行われ、会場は最後の最後まで熱気と感動入り交じる楽しい空気に包まれていました。
 

 
フィナーレは歴代開発リーダー7名による先導のもと参加オーナー全員でサーキットを一周するパレードラン。
 
800名を超えた、YZF-Rを愛する仲間たちの夢のような一日が無事に終わりました。