2018.01.24

2018年モデルYZF-R6 あなたは何色を選ぶ?

YZF-R6

2017年に9年ぶりのモデルチェンジを果たしたYZF-R6、2018年は新色を纏って登場します。

人気色であり、定番カラーとも言えるブルー。
光を飲み込む、艶かしいブラック。
新鮮な輝きを見せた、精悍なホワイト。
そして、新色として円熟味のあるマットグレーが追加されました。
2018年モデルYZF-R6 あなたは何色を選ぶ? 排気量599㎤の水冷直列四気筒エンジンを搭載し、世界中のチャンピオンシップのみならず、レーシングスクールでも絶好のトレーニング車両として人気を博した、王道であり、600ccクラスの試金石として愛されたYZF-R6。

昨今のバイクは、飛躍的な技術的進化を遂げたことで、同時に複数のカテゴリをカバーする許容力や素養を身につけ、いまこの時代に敢えて600ccスーパースポーツを選ぶということ自体に価値をが生まれつつあります。

利便性や汎用性といった器用さを排除し、ピュアにスポーツ性だけを追求した最後の砦とも言うべき、稀有なカテゴリがこの600ccクラスのスーパースポーツモデルです。2018年モデルYZF-R6 あなたは何色を選ぶ? 多様な形のバイクが多くひしめくマーケットで、R6だけが備える純粋さこそが、最大の魅力であり、唯一無二の存在たらしめる要因なのです。純潔とは、まさにR6のための言葉でしょう。

無心になってコーナーを切り取るように自分だけのラインを生み、ひたすらに澄んだハイトーンボイスを響かせて、また次の獲物を探す猛獣のように、ただただコーナーに飢える。

完璧なハンドリング、人馬一体となれる雑味のない挙動、只の人から「ライダー」という特別な生き物に自分を変えてくれる装置。
2018年モデルYZF-R6 あなたは何色を選ぶ? 貴方の非日常に華を添えるならば、何色の花にしましょう。
抜きざまに微かに見せる表情は、何色のシルエットがいいのでしょう。

R6を選んだ時点で、周りは理解します。貴方が何者なのかを。


※画像は現地モデルとなり、一部仕様が異なる場合がございます。
※サーキット走行に伴い一部保安部品を取り外してあります。