OWNER'S REPORT

XT1200Z

Kats 様 [神奈川県横浜市]
2011年式、平均燃費:20km/l

100点/100点

  • 購入の決め手となったきっかけは?

    静岡県の美術館で実物を見たのが初めてでした。当時メガスポーツと呼ばれるジャンルの車両に乗っており、元々次の車種はどこでも走れる車両を!と考えていました。シャフトドライブでリアパニアの装備が設定されている車種は少ないながらもいくつかあり、迷いました。その中でも、トラブル=即自走不能に繋がる駆動系において、継続的にシャフトドライブの車両を販売し続けているヤマハの車両は信頼できると判断し、決定しました。
    残念ながらファーストエディションにはめぐり逢えませんでしたが、XJR1300に乗っていた時に憧れた、あのブルーのストロボカラーが選べたのは幸せです。

  • 利用状況を教えて下さい

    日帰りで400キロ/日程度、高速を使った宿泊ありのツーリングだと600キロ/日程度は余裕で走れます。
    キャンプツーリングが多いので、パニアケースに荷物を満載して走ることが多いですが、以前の車両と違い、荷物を満載してもフロントの接地感が損なわれないので安心して走行できます。

  • 好きなところ、満足している点は?

    全部です!憧れだったストロボカラー、ストロークが長く乗り心地の良い足回り、軽量かつ信頼のおけるシャフトドライブ。普段はリアを多用するのであまり作動しませんが、とっさの瞬間にフロントレバーの入力だけでリアへも適切に制動力を配分してくれるUBSと作動時に怖さがないABSは乗っていて安心感が違います。
    購入するまで試乗する機会に恵まれず、跨ったのみで購入しましたが、懸念された足つきも、身長170センチに満たない私ですが、不安がありません。それどころかシートはHi側に設定してもなんとか片足が着くので、高速を長距離移動するときにはHi側に設定すると足の曲がりが緩くなり、疲れ知らずでどこまででも走れます。
    エンジンも独特のトルク感でグリップがわかりやすく、定速巡航でも飽きが来ないパルス感が最高です。オフは今のところ殆ど走っていませんが、今まで怖かったキャンプ場のダートを難なく走れてしまったので、近いうちチャレンジします。
    維持費に関してもオイル量3.1Lと1200ccにしては少なめで懐に優しく、タイヤもメガツアラーの極太タイヤより安いので助かります。燃費も高速:23Km/L、ワインディング:18Km/Lと良好です。

  • 反対に嫌いなところ、不満に思っている点を教えて下さい

    まだ冬しか乗っていませんが、ウィンドプロテクション性能が高いので夏は暑いかもしれません。あとはファンの音。気温一桁の真冬でもちょっと渋滞に捕まると回ります。ラジエターの性能が高いのか、走りだすとすぐ水温は安定しますが、信号待ちでファンが作動すると歩行者が振り向きます(笑
    また、長距離を疲れずに走れるバイクなので、23Lというタンクも容量が小さく感じます。オプションで35Lくらいのビッグタンクがあるといいのですが。また、オフ寄りな車両のため、オフ系の装備が揃えたくなります(笑

  • あなたの愛車に関するコネタがありましたら教えて下さい!

    乗り心地のいいサスペンションですが、さすがにタンデムすると標準では発進時に沈みこみすぎ、パッセンジャーが怖いようです。工具いらずで簡単に調整できるので、タンデム時には2回転ほど締め込むと安定します。純正オプションのPIAA製フォグライトは優秀です。節電の影響で真っ暗になった高速道路でも、明るい上に照射範囲が広いので無駄に神経が消耗することがありません。フォグ用の電源はプレワイヤリングされているので、どこから電源を取るか悩んだり、配線がごちゃごちゃしなくて済みました。