TECHNOLOGY

画像は2017年モデルです。

状況に応じて走りを後押しする
トラクションコントロールシステム(TCS)

加速時に後輪タイヤの駆動力を効率よく引き出すTCSを搭載。
濡れた路面などでも滑らかな発進加速性を支援し、発進時などで後輪スピンの兆候が検知されると、点火時期・燃料噴射量・スロットル開度(YCC-T)を統合制御し、滑らかな発進性・走行性を支援。
このTCSは、ライダーのテクニックや走行環境に応じた好みの介入度を6段階で選択が可能。OFF設定(介入度ゼ口)も選択できる。
作動特性が穏やかで、ライダーが作動時の違和感を覚えることのないセッティング。またタイヤ摩耗による接地半径変化や、タイヤ摩耗によるグリップ力変化などに対して、補正機能を持たせている。
切り替えは、ハンドルスイッチのTCSボタンで可能。

画像は2017年モデルです。

滑らかにシフトアップできるクイックシフトシステム(QSS)

現行YZF-R1と同様の仕組みとなるQSSを新たに採用。
シフトロッドに設けたスイッチがシフトペダルの動きを検知すると、ECU演算によりエンジン出力を補正し、ドッグクラッチに噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセル。
機敏で滑らかなシフトアップが可能。

画像は2017年モデルです。

YZF-R1同型のフロントサスペンション

フロントフォークには、現行のφ41mmに替えφ43mm径インナーチューブのKYB製倒立式サスペンションを採用。
φ25mmフロントアクスルシャフ卜等のYZF-R1と同型の周辺パーツ、および専用設計アンダーブラケットで支持。
YZF-R1同型のフロントフォークをベースに専用セッティングを施しており、適切な減衰力の発生と良好なフロント接地感に貢献。

YZF-R1同型のフロントブレーキ

フロントブレーキには、YZF-R1同型パーツを採用。
現行のφ310mmに替えφ320mmディスクとなり、モノブロック4ピストン・2ポット対向型キャリパー(アルミピストン)とNISSIN製ラジアルマスタシリンダの組み合わせとなり、優れた制動力を引き出すことが可能。

新スペックタイヤとアルミ製ホイール

R6とのマッチングが優れた専用開発新タイヤを採用し、アルミ製キャストホイールにセットすることで優れた旋回安定性を実現。
フロントホイールはYZF-R1S(北米仕様)のホイールと同型のものを装備。
リアは現行の仕様をベースに、速度検出用のセンサー口ーターを追加。

軽量化、乗車姿勢の自由度、デザイン性に貢献するアルミタンク

軽量化と乗車姿勢の自由度拡大のためアルミ製燃料タンク(17ℓ)を採用。
スチール比較(同排気量当社現行モデル比)で約1.2kg軽量化を実現。
ニーポケット部が窪むなど複雑な形状のアルミ製タンク成形は、縮みにくいアルミの特性が障害となり困難とされてきたが、本モデルでは、プレス成形後CMT(Cold Metal Transfer)溶接を実施。
さらに溶接機では卜ーチが入り込めない部分は、熟練スタッフの手作業で溶接、強度と密封性、美しい外観を実現。
背面溶接のない綺麗な仕上がりで、アルミならではの表情が特徴となっている。
ニーポケット部をえぐった形状は、素早いライダーの動きにもフィット。

ライダーアクションを支える新シートとスリム設計のリアフレーム

スポーツ走行での機敏なライダーアクションを支えるため、スリムな新作CFマグネシウムダイキャスト製リアフレームと、新作シートを採用。(リアフレーム幅はシート前端部を現行比で20mmスリム化)
シートは、天面の傾斜をなだらかにすることによりライダー乗車位置の自由度を増しつつ、太腿部分の形状を最適設計し、良好な足付き性とフィッ卜感を実現。
二一グリップしやすい新作タンクとの相乗効果で、機敏なライダーアクションを支える。諸元上のシート高は現行と同様。(ライディングポジションは現行を継続)