TMAX530カフェ|株式会社プレストコーポレーション

logo.jpg

TMAX530 SPECIAL SITE IS PRESENTED BY PRESTO CORPORATION.

TMAX530 CAFE スペシャルパーティー・トークショー

2012年2月18日夜東京・六本木ヒルズ ヒルズカフェにて招待制のTMAX530CAFEスペシャルパーティーが行なわれた。 ズバッ!とインプレッションでもおなじみプロライダーの難波さん、ヤマハ発動機の TMAX開発プロジェクトリーダー高畑さん、そして芸能界きってのバイク好き俳優、武田真治さんによる トークセッション、フォトセッションや武田さんによるサックススペシャルライブパフォーマンスをレポート!

トークショー

僕にとってバイクは遊び道具というか「おもちゃ」人生の伴侶みたいなものです。

ts_DSC_0912.jpg

Q:バイクの魅力に関して・・・・
バイク好きの3人が集まったトークショーは 会場をあっという間に一つにしました。

難波:人によっていろんな楽しみ方がありますが、僕にとってバイクは遊び道具というか「おもちゃ」ですね…。それひとつあるだけで、いろんなところに連れていってくれたり、いろんな友だちにめぐり会えたり…人生の伴侶みたいなものでしょうか。

高畑:バイクは自分自身が自由に生きられたり、時には違った自分を演出できたり、そういう意味で現実とは違う世界へ連れていってくれる乗り物だと思います。
たまにひとりでツーリングに行って、海辺でタバコに火をつける瞬間、「なんかいつもと違うぞ!」って(笑)。

武田:すごく贅沢なおもちゃであり、非日常な体感・体験をさせてくれるもの。バイクを知っている人と知らない人では、人生の楽しみが大きく違うんじゃないかと思います。

様々な移動手段がある中でも、バイクはランニングやサイクリングの様に身体を外にさらし風や日差しを浴びつつ、四輪車と同等以上のハイスピードで移動できるという、普段の生活では得られない非日常的体感があります。
その体感こそが繰り返される日常から飛び出し、心をリセットしリフレッシュするのに大きな働きをするのではないでしょうか?

ts_snap6.jpg

Q:TMAX530の魅力に関して・・・・
ヨーロッパではすでに絶大な人気を得ているTMAXシリーズ。TMAX530のカタログや記事では語れない魅力とは?

高畑:敢えて多くは語りません。ただひとつ、私がみなさんに言いたいのは「考えないでください」ということ。雑誌に書かれた記事やカタログを読むのではなく、ぜひとも自分で乗って感じてください。スペックでは語れない何かがそこにある。それが魅力なんです。

難波:TMAX530というのはスクーターのなかでも特にスポーツ性、ライディングした時の爽快感、躍動感に注目して作り込まれた。それがポイントなんです。

高畑:先日行ったイタリア・ミラノでもTMAXがたくさん走っています。しかもライディングジャケットがみな素敵で、お揃いでお洒落にキメたカップルも多い。そうかと思えばスーツを着たビジネスマンがTMAXを仕事の移動に使っていたりする。日本のみなさんも、負けずにファッショナブルに乗りこなして欲しいなと思いますね。

他のメーカーからも次々とニューモデルの投入が続いているヨーロッパの大型スクータータイプ市場におけるTMAXのシェアは実に5割以上。2001年に発売されたTMAXは、それまでの250ccクラスのスクーターとは一線を画す、文字通りヨーロッパ大陸を駆け巡れる運動性能と快適性で、登場以来絶大な支持を得続けている事実が、語り切れない魅力の証言とも言えそうです。

ts_DSC_0939.jpg

Q:最後に一言メッセージを・・・
TMAX530を軸にバイクについて熱いトークを交わしたお三方から、最後に来場されたみなさんにそれぞれ真摯な思いの丈が語られました。

難波:自分のポリシーとしてバイクは生涯にわたって楽しめる伴侶、相棒だと思ってます。ただ、そうである以上、乗り続けて行くための環境を自分で作っていくことも大切なことです。例えば、なにか事故があったりすると、まわりの人たちから「もう乗るのはやめなよ」と言われる。
そうならないために、自分のライディング技術を高めていくとか、家族や友人たちの理解が得られるような生活をする意識、努力ですね。
もうひとつは、大事な仲間を作ること。先ほども言いましたが、バイクに乗ることで、いろんなめぐり会いがあるはずです。そういう人たちもまた、生涯において、自分を楽しませてくれる存在だと思います。みなさんも、バイクショップの人たちといい関係を築いて、長くバイクライフを楽しんでください。

高畑:TMAX530は熱いハートを持った仲間たちがすごくいいチームワーク、技術ではなく気持ちで作り上げた一台です。だからこそ一人でも多くの方に、考えないで、乗って感じて欲しいと思います。

武田:バイクには、乗る緊張感と開放感のなかで育まれる、心のなかの何かがあるんです。

バイクはなぜか危険で他人に迷惑をかける乗り物に見られがちですが、それは表面的な風評に過ぎません。みなさんもバイクの本当に素晴らしい世界を知って欲しい、体験し続けて欲しいと心から思います。

確かにバイクは人生を豊かに彩ってくれる相棒であり伴侶、 そしてともに楽しむ仲間をつくるためのツールでもあります。 危険な乗り物と思われる面もありますが、正しいマナーと節度をもって 走ればそのリスクは最小限にとどめることができます。 そして今回のTMAX530の様な新しいライフスタイルの創造を 予感させるマシンの登場で、さらに新しい展開が 期待できるのではないでしょうか。

ご来場頂きました数多くの皆様、本当にありがとうございました!

フォトギャラリー&ビデオ

フォトギャラリー

q_E6R0084.jpgq_E6R0108.jpgDSC_0939.JPGqDSC_0912b.jpgqDSC_0950.jpgts_snap6.jpgts_snap7.jpgqDSC_0962b.jpgq_E6R0210b.jpgq_E6R0228b.jpgq_E6R0304b.jpgq_E6R0583b.jpgq_E6R0596b.jpgq_E6R0551b.jpgq_E6R0496b.jpg

Doticon_red_Plus.pngPRESTO CAFE with TMAX530 in ベイサイドマリーナホテル横浜

▼過去のイベントはこちら▼

Doticon_red_Plus.pngTMAX530 CAFE

image3s.jpg
image4s.jpg

外観デザインの一新と排気量が499ccから530ccへスケールアップされたTMAX530の取り扱い決定を記念して、六本木ヒルズ Hills Café/Spaceとコラボ!

2012年2月17日(金)
11:00~16:00

2012年2月18日(土)
11:00~16:00

詳細はこちら

Doticon_red_Plus.pngTMAX530 CAFE スペシャルパーティー

tmax530joint_snew.jpg

外観デザインの一新と排気量が499ccから530ccへスケールアップされたTMAX530の取り扱い決定を記念して、六本木ヒルズにて120名限定のスペシャルパーティーを開催!
※事前申込が必要となります

詳細はこちら