ホーム > プライバシーポリシー

  1. 個人情報の開示等の手続き方法

    ご自身の個人情報(保有個人データ)の「開示」を請求される場合は(1).の「保有個人データ開示請求書」を、「訂正、追加または削除」「利用停止または消去」「第三者への提供の停止」を請求される場合は(2).の「保有個人データ訂正等請求書」を受付窓口まで送付してください。

    ※郵送中の個人情報の漏洩・紛失、及び受領の有無に関するトラブル防止のため「配達記録郵便」のご利用をお勧めします。

    1. 保有個人データ開示請求書」(PDF:44KB)
    2. 保有個人データ訂正等請求書」(PDF:48KB)

      〒105-0014
      東京都港区芝1-4-7 ニチガビル
      株式会社プレストコーポレーション 営業部個人情報保護係 宛

    なお、個人情報保護の観点よりご本人からの請求であることを確認させて頂くために、運転免許証や健康保険証、パスポート等の公的機関が発行した証明書類のコピーを、提出書類に添付してください。
    代理人によるご請求の場合はこれに加え、本人の委任状など代理人であることを証明する書類と、代理人を確認させて頂くための運転免許証や健康保険証、パスポート等の公的機関が発行した証明書類のコピーも、提出書類に添付してください。

  2. 提出書類に関する注意事項

    本籍地情報などのセンシティブ情報に関する部分については、個人情報保護の観点から塗りつぶしたうえで添付してください。
    提出書類や提出書類に添付する書類に不備がある場合は、開示や訂正等の請求に応じられません。また「保有個人データ開示請求書」および「保有個人データ訂正等請求書」には、開示または訂正を希望される「保有個人データ」を特定するに必要な程度の情報を記入して頂く必要があります。この記入が不十分な場合、開示または訂正のご請求にお応えできないこともありますので予めご了承ください。

  3. 開示請求にかかる費用と開示方法について

    個人情報の保護に関する法律第30条の規定に従い、開示のご請求1件あたり手数料として800円を頂きます。開示請求書を受領し、不備がないことを確認した時点で、当社の方から手数料をお振込み頂く銀行口座等の情報をご連絡いたしますので、それに従い手数料をお支払いください。なお、振込み手数料はご本人のご負担となります。
    手数料が振り込まれていることを確認した時点で、開示のご請求があった保有個人データが当社内に存するか否かの調査を遅滞なく開始して、その調査の結果をご本人に開示いたします。

    ※郵送中の個人情報の漏洩・紛失、及び受領の有無に関するトラブル防止のため「本人限定受取郵便」でお送りいたします。

  4. 開示にかかる制限事項

    個人情報の保護に関する法律第25条1項の規定に従い、本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合、開示請求者が請求する保有個人データを開示することにより、当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがあると判断する場合、及び他の法令に違反することとなる場合には開示に応じないことがあります。

  5. 保有個人データの訂正等のお取り扱いについて

    「保有個人データ訂正等請求書」を受領し次第、当社内で必要な調査を行い、ご請求のあった処置を速やかに実施して、その処置内容をご本人にお伝えいたします。
    但し保有個人データの訂正等のご請求について、正当な理由が認められない場合、当該請求に応じられないことがあります。

    ※郵送中の個人情報の漏洩・紛失、及び受領の有無に関するトラブル防止のため「本人限定受取郵便」でお送りいたします。

▲ 戻る