ホームプレストマガジン > 難波恭司のズバッ!とインプレッション
スタンバイOK

ストリートでの常用域にフォーカス

エンジン形式はパラレル4。ヤマハでは「直列」 (インライン) ではなく、「並列」 (パラレル) と言う表現がアイデンティティ。バイクの進行方向に対し、シリンダーが横に並ぶ形態となることからこのように呼び、その特徴はクランク角度180°毎に等間隔で爆発する。この形式の美点は高回転域までスムーズで心地良い回転フィーリングが得られるという点である。現在ではスーパースポーツだけでなく、より幅広いユーザーにも受け入れられるマシンにもこの形式をラインナップしており、今回グレードアップしたFZ-6 Fazer S2 へも採用されている。
こいつのエンジン構成パーツは、YZF-R6と同一形式ながら各部をリファインして扱いやすさを求めている。基本的にはエンジン回転数上昇とともに「美味しく」感じる特性でありながら、特にストリートでの常用域 (4,000〜9,000rpmあたり) を超えてもR6のように変貌を遂げることはない。これは一般的な使用状況を考えると適切な設定であり、「刺激的緊張感 = 不安感」にならないような味付けは、こいつのキャラクターにマッチしている。もちろんその気になって「アクセル全開」にしてしまえば、節度あるシフト・チェンジとともにレーシーな雰囲気も持ち合わせていることは言うまでもない。
サーキットでの試乗。ウェアがちょっと違和感ありですが走りはどうして刺激的。

乗ってみた

クラッチを繋いだ瞬間からスムーズなスタートを実感し、「とてもフレンドリーな奴…」という気にさせてくれた。同じエンジン形式のYZF-R6では、そのライディングポジションが災いしてか?ストリート・ユースでは忙しなくシフトを繰り返したくなり、エンジン回転数も心なしか高めをキープしたくなるのだが、こいつのアップライトなライディグポジションは視線が高く恐怖感を与えないことからか、私の心拍数は平静を保っていることが出来た。それはこいつの刺激が足りないからではなく、エンジン特性やサスペンションの味付けがもたらす心地良さであり、低速域からハイスピード・クルージング、そしてワインディングとどの領域でも「しっとり落ち着いた」乗り味が精神的な余裕として感じられたからだろう。
この「しっとり落ち着いた」感覚は活字での表現。言い換えれば、R6 などのようにライダーの操作に対してクイックな反応をするのではなく、路面の凸凹に対して優しく吸収し、過敏な反応をしない。また同時にしっかり路面を捉えている印象であり、軽はずみにハンドルが振られたりすることがないということ。これには採用されているフレームやサスペンションの味付けに加え、しっかりとボリュームのあるシートなどが大きく起因していると思われる。
またこのクラスは足付き性が問わるのだが、厚みのあるシートながら両サイドが「なだらか」に角が落とされていて私には問題がなかった。足つき性は、シート高さよりも座面の形状が大きく左右するからなのだが、厚みがあっても足付き性が確保されているのはありがたい。今回は長時間走行ではなかったが、充分なクッションを持つシートはスーパースポーツには無い装備であり、ハンドル・ポジションが微調整できるパイプハンドルといい、「楽ちん」なポジションがもたらす快適性は大きな魅力だった。
こちらはワインディングにて。とんがり過ぎずしっくり来るのはこういうシチュエーションだ。

いろいろ試してみた結果

モーターサイクルを所有する場合、もちろん購入後の使用状況をイメージしているはず。スーパースポーツ・ユーザーの場合「週末だけワインディングを」とか、「たまにサーキットを」など、多くの場合「走り」に徹する人も多い。しかし「こいつ」の場合は守備範囲が広く、日常の「足」としても全く気構えることなく使えることから、シュチエーションを選ばず「思いっきり使える相棒」として重宝しそう。またエンジン特性は私のようにバイクに刺激を求める場合?は物足りないかも知れないが、どんな使い方をしても不安感を与えない味付けは、まさしく女性でも無理なく乗れるバイクとしてお勧め。
もちろんバイク上級者でも日常の足としての選択は「アリ」なので、通勤からツーリング、そしてワインディングへと、ワンランク上のバイクライフを提供してくれるだろう。

実は…

試乗する際、各部パーツのクオリティーが以前に比べて格段にアップグレードされていることに驚き、ポジションの確認をしつつ取り付けられているパーツ類の出来栄えに関心。そしてそのまま出掛けてしまった…。そう、それだけ大きく進化していたことに動揺してか?私は各パーツが組み合わされた「姿」として見ないまま走り出してしまっていたのだ。
試乗を終え、改めてこいつを観察してみると「挑戦的な顔つき」である事を発見 ! 一度気になり始めたらとても魅力的に映り出してしまった。是非正面から実物を観察して欲しい。「つりあがった目」は猫科的な雰囲気を持ち合わせ、こちらを睨みつけている…。そう感じた後はもっとこいつを知りたくなってしまい、実は後からホームページで調べてしまったほど…。そうしたら、試乗して感じたそのままのような「うたい文句」だったことで改めてビックリ!! ミドルクラスで迷ったら、間違いなくお勧めできる奴だ。

難波恭司プロフィール

1963年3月8日生まれ
'81 18才で草レースを始める/'83 ノービスライセンス取得/'85 鈴鹿4h耐久レース 3位/'86 国際A級昇格 ヤマハ契約/'87 TZ250の開発テストに携わりながらレース参戦始まる/'92 ファクトリーマシン TZM250開発テストに携わる、全日本選手権 初優勝 250cc/'96 GP500マシン開発テスト携わる/'98 代役としてWGPのGP500へ年間 5戦参戦 鈴鹿では予選2位 決勝5位/'02 現在はモータースポーツ普及活動など、モーターサイクルの「伝道師」として活動中。特に今年は'07YZF-R1でレース参戦を計画中。