ホームプレストマガジン > 難波恭司のズバッ!とインプレッション

FZ1のお出まし

全く新しいネーミングで登場した”FZ1”は、その先代に当たるモデルがFZ1000 Fazer であることはご存知のとおりである。そのFazerが多くのファンを引き付けていたのはシャープなスタイリングと組み合わされる圧倒的なパフォーマンスであり、ワールドスーパーバイクを戦えるほどのポテンシャルを秘めたYZF-R1を調教し直し、並列4気筒特有のスムーズな回転フィーリングを恐怖感なく楽しめる味付けとしていた。それでもスロットルのひと捻りで異次元の加速を体感させる魅力をも持ち合わせ、大人のスポーツバイクとしてのカテゴリーを確立していた。
FZ1はそのFazerのDNAを受け継ぎ、’04 YZF-R1で大きくポテンシャル・アップしているエンジンを新たに採用して我々の前に姿を現した。そのスタイリングはスマートなデザインであったFazerから様変わりし、”力強い”オーラとインパクトを持ち合わせるデザインで多くのファンを驚かせる事となった。
今回の試乗もサーキットであり、ストリートでのパフォーマンスを意識して作られていながらも、サーキットでの高速走行で感じる"乗り味"から想定できる印象をレポートしてみよう。

エンジンフィール

パワーユニットが現行YZF-R1譲りであることは先にも触れたが、それはFazerでも同様だった。今回採用されているエンジンはYZF-R1でもそうだったように、カタログでは言い表せないほど大きなポテンシャル・アップを果たしている。
たとえばカタログでのパワーアップは僅か7psほどだが、これならば先代モデルでもアフターマーケット品のエキゾーストに交換すれば達してしまうレベルだろう。しかし大きく違うのは加速フィーリングを含めた官能的な加速力や、スロットルに対するレスポンスなど、排気量が変わったんじゃないか?と思わせるほど劇的な変化を遂げているのだ。またパワーフィールだけじゃなく、実はシフトタッチを含めた細かい箇所の見直しにより、先代モデルで気になったニュートラル→Lowギャーへのシフト時のショックなども改善されており、結果としてエンジン全体の質感の高さを感じることに繋がっている。

シャシーフィール

実際にコースインしてみると、最初のブレーキングからコーナーへのターンイン時、バイクが持つ剛性感が大きく違うことに気付く。先代は極太鋼管スチールを用いたパイプフレームであったが、FZ1ではそのデザインの一環を担うほどインパクトのあるアルミフレームで構成されており、最も剛性感を感じやすいヘッドパイプ周辺は誰でもその"ガンコ"さ (遠州地方で堅物を意味する) を体感できるだろう。
そして大幅に剛性アップされたメイン・フレームにより、シャシー全体の味付けも大きく変化している。そのひとつがバイクを操る醍醐味であるコーナーへのターンイン。これはバイクの特性を感じやすいポイントであり、そのタイミングでマシンがクイックな反応をすれば、ライダーは意のままに操っている感覚が宿ることになる。このあたりは倒立タイプが採用されたフロントフォークによることも大きく作用しているはずだが、当然ながら全体のバランスを考えた場合、”ガンコ”なフレームには”ガンコ”なフロントフォークは必要不可欠であり、これは正当なチョイスであろう。
先にも触れた見事なまでのクイックなターンインは、「世界一難しい」と私が豪語するSUGOのシケインを何のためらいもなくベストラインでトレースしてくれた。これがFazar → FZ1へ進化した乗り味で一番大きなポイントだろうと思う。しかも片手運転!!
SUGOシケインのベストラインを、ハイスピードでトレースしつつこの余裕。凄いよコイツは。

Fazerではあくまでも穏やかな乗り味を追求しており、少々の外乱に対してはマシン全体のしなやかさで吸収していた。逆に言えば、ライダーが積極的にモーションを掛けても何処となく”いなされている”感覚があり、ダイレクトなマシン・コントロール感が伝わり難かった。これらは穏やかな良い面と相反する”ダル”な面を持ち合わせていたといえる。それがFZ1ではシャープな味付けとなり、ライダーに”カチッ”とした剛性感を伝え、曖昧な領域を少なくして反応を良くしているといえる。当然だがフロント・ブレーキも現行のYZF-R1同様のクオリティーを採用していることから、全てにおいてグレードアップされたかのような印象を醸し出している。

インプレッション

日本国内では非現実的だが、200km/hオーバーでの移動も可能にするフェアリングは実用性が高いものだった。一見”デザインありき”に思えていたが、実際にサーキットで走ってみると、両手を叩いて”お見事!!”と言いたくなるほどのウィンド・プロテクション効果。いや実際にはそのスピードでは危険なので行動には移していないが・・・200km/hオーバーで伏せなくても風圧による不快感がなく、このサイズの割には効果が大きいのには驚き。高速道路での長距離移動では「ゼッタイ欠かせない物」でありながら、効果を優先すると大きく重く、そして横風の影響も受けやすく・・・などレースでもそうであるように完成形のない世界のひとつと言えるが、FZ1のそれは想像以上の完成度だった。
何度も触れるがFazerでは乗り味がソフト傾向であり、柔らかいバネのサスペンションでストロークを確保することによりバランスさせている印象だった。これがタンデム・ライディングになると前後方向へのピッチング・モーションを増大してしまい、ややペースを上げて走ると頼りなさとして感じる場面もあったのだが・・・それを思い出しつつ“こいつ”の気になるタンデム・ライディングを試みた。すると想像した通り前後サスペンションの”しっかり踏ん張り感”が大きく変化せず、ライダーとしては不安感が少なく感じた。恐らくだが、後ろに乗るパッセンジャーも同様な印象だと思われる。もちろんタンデム・ライディングを意識してスムーズなライディングを試みた範ちゅうだが、タンデムでの高速長距離移動が可能になった今、こういった基本的なポテンシャル・アップもこのモデルの必要な面だろう。
"こいつ"はタンデムでの高速移動を可能にする傍ら、休日の早朝は近くのワインディングを楽しみ、しかも年数回のサーキット走行もこなす…う〜ん素晴らしい♪広い守備範囲を持つFZ1は、Fazerのもつ魅力を磨き上げて高次元でバランスさせ、モーターサイクル・スポーツライフを存分に、しかも気構えることなく身近に味あわせてくれるモデルとして生まれ変わったと言って良いだろう。
ただ気になった点もある。レーシングコースからパドックに戻り、やや荒れた路面を通過するとダイレクトにギャップを感じる場面があった。もちろんスピード域にもよるだろうが、タンデムでもプリロードを変えずに乗って違和感がなかったことから、一般道の1人乗りではややサスペンションが硬い(動きが渋い)印象かもしれない。(私の体重は64kg程度) このことから、私が次回乗るとしたら前後ともサスペンションのプリロードを緩め、減衰力も抜く方向で試してみたいと思った。もし私と同じように感じる場合、是非一度試してみてもらいたい。ギャップの走破性が改善されるかも知れない・・・。

それとミッションのギアレシオ。サーキット走行では気にならなかったが、Lowギアは一般的なストリートバイクとしてはロング・ギアレシオ (ハイギヤード) であるように感じた。まぁ慣れてしまえば「どぉってことない」レベルだが、タンデムでの0発進スタート時にはやや気を付けるべきだろう。特に彼女でも乗せていた時にエンストしてしまっては・・・いや奥さんであれば後ろで笑われるかも知れないかな?「私に代われ」と・・・。

試乗を終えて

パドックで雑談していると、ある人が声を掛けてきた。「参りました・・・」と。実はSUGOで試乗した時間帯は、何とナンバー付き車両による「レースの予選中」に混じっての走行という迷惑極まりないものだった。無論私としてはなるべく御迷惑を掛けぬよう、前後の空きを見計らって走行をしていたのだが・・・。 その時間帯、後ろに付いたYZF-R1のユーザーは、タイヤですら全くSTDのFZ1が、SUGOのシケイン立ち上がりで黒々と長〜いブラックマークを残して自分を置き去りにしていった事がショックだったよう。私としては、もちろんそんなつもりはなかったのだが・・・う〜んFZ1、恐るべし。

難波恭司プロフィール

1963年3月8日生まれ
'81 18才で草レースを始める/'83 ノービスライセンス取得/'85 鈴鹿4h耐久レース 3位/'86 国際A級昇格 ヤマハ契約/'87 TZ250の開発テストに携わりながらレース参戦始まる/'92 ファクトリーマシン TZM250開発テストに携わる、全日本選手権 初優勝 250cc/'96 GP500マシン開発テスト携わる/'98 代役としてWGPのGP500へ年間 5戦参戦 鈴鹿では予選2位 決勝5位/'02 現在はモータースポーツ普及活動など、モーターサイクルの「伝道師」として活動中。特に今年は'07YZF-R1でレース参戦を計画中。