ホームプレストマガジン > 難波恭司のズバッ!とインプレッション

ミッドナイトといえば

XS1100ミッドナイトスペシャルというモデルを覚えているだろうか? 艶やかで真っ黒なボディーと金メッキパーツ、そして同じく黒色に統一されたエンジン。ゴージャスにドレスアップされた佇まいは当時のモーターサイクルに対するイメージを一新させるほどのインパクトがあった。残念ながら輸出モデルだったので、その姿を「生」で見た人は少なかったはすだ。もちろん私も写真でしか見たことがないのだが・・・。
XV1900A ミッドナイトスター。私はこの名前を聞いて、そのXS1100を思い出したのだが、実物を見てその「出たち」から更に「イレブン」を彷彿してしまった。丁寧にデザインされたガソリンタンクや各パーツの作り込みなどは、相当の思い入れを込めて作られた感があり、一貫性のある曲線美だけ取ってみてもついつい眺めてしまう魅力を持ち、「こいつ」が放つ「オーラ」は、所有する喜びも与えてくれる。
各部分部分で眺めてみても、ディテールの美しさが際立つ。

ビッグツインの鼓動

「この手の奴ら」はスポーツというカテゴリーから遠い存在に思えていたが、いったん走り出すとビッグツイン独特の鼓動感を感じさせてくれ、アクセルに対するエンジンの躍動を歯切れの良いエキゾースト・サウンドとともに提供してくる。低回転域ではギクシャクして使いにくい感のあるビッグツインだけど、偶力バランスを程よく押さえ込んでいることから、扱いにくさは微塵もない。
スポーツバイクに比べれば重量は倍近くあるので、当然ながら俊敏な反応は期待できないのだけど、先に触れたアクセルに対するエンジンの反応、そして必要以上に捻りたくなるスロットル・・・と、常に「こいつ」と対話しながら走っている感覚は、充分私のスポーツ心をクスグッてくれた。 考えてみれば、私はサーキット以外で乗る相棒の好みはビッグツイン。通常多用する4,000rpm以下の領域で、右手の反応に瞬時に答えてくれる感覚は、多気筒モデルでは出せない魅力。通常のライディングであれば、走っているバイク・コントロールの殆どを支配するのがスロットルだから、通常使用する回転域での反応がダイレクトなのは気持ちが良い。場合によっては「しつけ」が悪いとギクシャクしがちなビッグツインだが、こいつはそのスタイル通りジェントルであり優雅さを感じた。
ビッグツインの鼓動を感じさせつつもスポーツマインドは決して忘れていない、そんな感じ。

こいつが与えてくれるもの

細かいことは・・・という言葉が似合いそうだが、実は細部にわたりとても丁寧に作られている。アルミ部材の作り込みや仕上げはオーバークオリティー? ともいえるほど美しい。ノスタルジックなイメージと、最新の製品技術が作り出したハーモニーなのかもしれないが、乗っていてとても「おおらかな」気持ちになってしまった。  その「おおらかな」気持ちになる原因は操作系の全て。クラッチは軽くストロークのある味付けで、なんとなく繋がり始め、いつの間にか繋がっているような印象。そしてステップ・ボードにあるリア・ブレーキペダルも同じくストロークのあるコントロール幅の広い設定など、ミリ単位でのコントロールを要求されるスーパースポーツとは違い、多くの許容範囲を持ってライダーを受け入れてくれるところなどは、セコセコ走る都会から郊外へ誘おうと訴えかけてくれる。 重量感ある乗り味は、クルーザーに相応しく路面の凸凹を上手く押さえ込んでくれるが注意は必要。走り出せば重さを感じず快適な乗り心地なのだが、オーバーペースとなると今度はその重さが災いしてリカバリーの幅を狭くしてしまう可能性がある。あくまでもゆったりと、そして気の向くままに「こいつ」と走る道はついつい寄り道したくなる、そんな時間を提供してくれるだろう。
こうして飽かず眺めていられることも魅力の一つ。

難波恭司プロフィール

1963年3月8日生まれ
'81 18才で草レースを始める/'83 ノービスライセンス取得/'85 鈴鹿4h耐久レース 3位/'86 国際A級昇格 ヤマハ契約/'87 TZ250の開発テストに携わりながらレース参戦始まる/'92 ファクトリーマシン TZM250開発テストに携わる、全日本選手権 初優勝 250cc/'96 GP500マシン開発テスト携わる/'98 代役としてWGPのGP500へ年間 5戦参戦 鈴鹿では予選2位 決勝5位/'02 現在はモータースポーツ普及活動など、モーターサイクルの「伝道師」として活動中。特に今年は'07YZF-R1でレース参戦を計画中。