ホームプレまぐ! > 藤原広喜のエンデューロ参戦記
Photo

1人旅じゃ〜!!

♪や〜まを こ〜え〜♪谷を越え〜♪服部君が〜やって来る〜♪車を飛ばしてやって来る〜♪

今回は日頃の疲れを癒しながら、のんびり船旅の計画を立てる。が、しかし!!台風12号でフェリー欠航!! そりゃ結構!! 陸路で九州まで一人旅となった。

♪みちのくぅ〜う〜♪ひとり〜たび〜ぅぃ〜ぅぃ〜♪

水曜日の昼前に、「フェリー欠航で〜す!」の電話が入り、東北道へ直行!! 磐越道 ⇒ 北陸道とひたすら走り、福井県までたどり着く。高速から見えたビジネスホテルへ走りこみ、爆睡。
翌木曜、ホテルを出て北陸道 ⇒ 名神 ⇒ 中国道へ。途中事故渋滞で1時間のタイムロス。渋滞を抜けてからは順調で、広島、広島と言い聞かせひたすら走る走る。昼飯を食べた後からは睡魔との戦いで、ちょいと仮眠のつもりが1時間もグーグー寝てしまい、本日2時間も予定を押してしまった。広島まで遠いこと遠いこと。
広島を抜けてからは交通量も少なく順調に走行し、日暮れと同時に関門海峡を渡る。今日はありがたいことに、塾長宅へ泊めていただくこととなった。ありがとうございます。
前回は尊師のお店へ、今回はZIM長のお店伺い、犬のヨシオ君とじゃれあいながらの楽しいひと時をすごさせていただいた。この犬のヨシオ君の兄弟にユータローと言う犬もいて、これは池町選手と内山選手から取った名前らしく、俺も

犬の名前になるぐらい人気者にならなければ。

と思ったのであった。
翌金曜はコースとタイムチェックなどの最終チェックの為6時に塾長宅を出発し、9時過ぎには、御所のレース会場に到着した。

エクストリームテストコースは本物。素晴らしい。

Photo
左:ライバルが集まり情報交換? 右:少しずつ気持ちを盛り上げて行く。

始めにエクストリームテストをチェック。目が飛び出そうなコースを目の当たりにして「あっ、あ〜あ〜」。さすが西日本のコースだ〜、SUGOでは考えられない本当のエクストリームテストのコースとなっていた。
転倒した場合渋滞になりそうなところを広げたり、杭がすぐ折れてコースカットになりそうなところを修正していただき、ここのチェック終了。これ以外にはタイムチェックの場所などを確認し、本部へ戻る。昨年のアジアエンデューロではかなり面倒なシステムで評判が良くなかったが、その後スタッフがSUGOへの視察やいろんなビデオ見てかなり研究したとのことで、今回は上手くいきそうである。そういう私もアドバイザーとして7月にこの場所を訪れ、打ち合わせをした経緯があるので安心はしているが、少し心配だったりして・・・。
今回はライダーで参加するのだが、主催者になったような気分で「なんとか、成功してくれ〜!!」と、なかなかライダーとして集中できずにいた。 昼になると続々と全日本ライダーたちが到着。集まったところでエクストリームテストが凄いことになっているから下見に行こうと言うことで、再度下見に。
ここは「何度見ても凄い」。壁のぼりも凄いが、最後の激下りは前転しそうな嫌な感じ。明日の1周目は様子を見よう。 帰ってくるとプレストの大テント部隊が到着し、各メーカーがメーカー色豊かなテントを張りだし、全日本の雰囲気が漂ってきた。
今晩は、「馬刺しと焼肉だ〜」。昨年伺って絶対来年も来るぞ!!と誓ったお店なのである。今回はMFJの皆さんやジェリーズの松本さん吉川君、久々の池町君や、我がプレストチームと塾長と噂のトミタ☆コウジ君といった面々だ。
炭火焼き居酒屋、かぼちゃ(お店の名前)。甘いしょうゆダレと生姜で馬刺しを頬張り、炭火で焼肉を食べ、あ〜満足。こんな普段なかなか会えないメンバーとの交流や名物料理も、遠征の楽しみなのである。
スーパーでおはぎと梅干をゲットし就寝した。

レース初日

Photo
左:スタート前、左がスケP。 右:1周目は様子を見ながら抑えて走る。

ライダーズブリーフィングで、レース内容の詳しい説明があった。 周回数4周、1周目のテスト計測無し。1周の距離、約30km。 1周のタイム設定は60分である。
地元で、コースをよく知るライダーから情報を聞くと、1周40分ぐらいかな?とのこと。余裕のタイム設定である。初年度はみんなにタイムキーピング制を理解していただくのに、これぐらいが良い設定時間と思える。
SUGOも初年度は同じであった。2年目からは少しタイトに15分。3年目の今年の大会は、全クラス10分程度の時間を余る設定とした。これからもこの10分で行こうと思う。この10分が絶妙なタイム設定だからね。5分じゃ少ないし15分じゃだらけてしまうし、10分がポイントなのだ。まっ、この10分の時間も、ライダーにより変わる訳で、クラスの50%以上がオンタイムになるのがベストと思う。今回は殆どのライダーが、オンタイムで、タイムキーピング制を理解したと思う。

スタートは1分おきに、2台づつスタート。ゼッケンは全日本クラスから、A,B,Cと割り振られていて、ゼッケン順のスタートとなる。ゼッケン"15"の私は7番目のスタート。地元の有名人、ゼッケン"13"のスケPと同時スタートである。

コースは、

モトクロス場 ⇒ シングルトレイル ⇒ 玉石川 ⇒ 舗装路 ⇒ 林道 ⇒ エクストリームテスト ⇒ 林道 ⇒ エンデューロテスト ⇒ ウッズ ⇒ クロステスト ⇒ ウッズ ⇒ 本部ピット

となっており、変化に富みメリハリの利いたコース設定となっていた。またエクストリームテストには車で見に行くことができ、他のテストも本部から近く歩いて行けるので、ギャラリーのことを考えたこれからのエンデューロの見本となる設定だ。
SUGOも来年に向けて考えているが、他のエンデューロ主催者もこれからのエンデューロを考えればギャラリーポイントを真剣に考えなければならないと強く思う。そう言った意味に於いてこの大会は、見本となる大会まで成長したと言え、とても嬉しく思う。
1周目は下見の意味を持ち、そこそこのスピードで主にラインの見極めに専念、飛ばせるところは少し飛ばして1〜2分前スタートのライダーを抜き去り、テスト内の難しいところで待ち受け、どのような走りをしているかじっくり見る。特にエクストリームテスト内の激下りが気になっていたので、NR王子の走りを見させていただいた。
移動区間の林道は体力を温存、又は体力を取り戻す区間なので流して走り、テスト区間に近づくにつれスピードアップして、体の動きや気持ちをレースモードに移行するのだ。
パドックに戻りガス補給なのだが、2リットルしか減っていなかったのでタンク容量の約半分の4リットルにとどめて走ることとする。軽い方が疲れないし乗りやすいからね。
このピットでの作業は
  • ガソリンチェック
  • 各部チェック
  • ラジエタ—の草・泥落し(このラジエタ—に付着した泥や草を取り除かないと、特に2Stは、オーバーヒートや焼きつきの原因になるのだ)
  • フェンダーなどの泥落し
  • チェーンオイル給油
などで、ライダー的にはウイダーインゼリーのビタミンとエナジー、水分補給、梅干やバナナを食べる。とにかく水分とエネルギーの補給である。
Photo
左:流すか気合いか、メリハリが大事。 右:こうなるのでピットでは入念にチェック。

2周目。いよいよレース計測開始である。
オンタイムで走っている以上、スタートはいつも同じライダーで先行者も同じである。1周目よりもメリハリを利かせ、流して走ってはテストで全力、そんな繰り返し。テスト内の草で怖いところは無理せずに攻められる所を攻める。

3周目も同様だが徐々にペースアップを図る。エクストリームテストで失敗し15秒ぐらいロスしたが、ファイナルクロスで取り戻せるだろう(鈴木健二選手以外は)。

4周目、エクストリームテスト以外は満足した走りが出来た。しかしエクストリームテストだけは体が上手く動かず上手く走れない。調子が出ない、リズムが悪い。長旅の疲れが出ているのかな?バイクを離れると、眠くて仕方ないのだ。

レースは2時半頃終了し、昼食を取ったり、今日は乗れてなかったな〜などとみんなでワイワイやっていると、早くもテストごとのリザルトが出て、なんとなく計算してみると4位ぐらいかな?そんな内容だった。
予想通り、トップはブッチギリで、チームメイトの鈴木健二選手だな。
今回のプレストブースのケータリングはお弁当でした。ありがたいですね。でもやっぱりカレーがないと、力が出ないね。 その代わりではないが、炭火居酒屋、かぼちゃで、馬刺しと焼肉をご馳走になります。

Photo
左:スタートはいつも同じライダー。 右:スタート!!

え?乾杯の音頭ですか!?

宿へ戻り、ウエルカムパーティーが始まる6時半までのんびり温泉に浸かる。そろそろ風呂から出ようかな、と思うとポツリと仲間が入ってきては長話。さーて出ようかな、と思うとまた仲間が入ってきて出れなくなる。その繰り返しで、1時間は温泉に入っていたかな?エンデューロより、体力がいるね。おかげで、ウエルカムパーティーに遅れてしまったよ。
パーティーは立食スタイルでかなり豪華。ビールも出るはで最高である。しっかりした司会進行の中、地元のクラブの会長やMFJからの挨拶があり、いよいよ乾杯でパーティーが始まる。

「では、乾杯の音頭を、藤原 広喜さんにお願いいたしま〜す。」

って・・・聞いてないよ・・・。
え〜・・・何を言ったか忘れたが、多分、え〜連発で何か訳のわからんことを、口走ったに違いない。

「カンパ〜イ」ザワザワザワ・・・

リザルトが出て、ザワザワ・・・結果2位だった。予想よりも良かった。但し8位まで1分以内の僅差。
それから全日本ライダーの紹介と挨拶があり、盛り上がっている中、居酒屋 かぼちゃへと急いだ。 「うめ〜」 マサトンは、実家で馬を飼育しているらしく、馬刺しには手をつけなかった。

レース2日目

7時20分のブリーフィングに向け、6時にホテルを出る。現地に到着すると、おばさんたちが温かい味噌汁とおにぎりを作っていてくれた。ライダー全員にである。思いがけない出来事って感動しちゃいます。
美味しく頂きました。「味噌汁おかわりっ

ここで土砂降りの雨が降ってきた。そのためコース変更など処置がとられ、ブリーフィングでは周回数が全日本クラスとAクラスは3周で70分設定、B・Cクラスは2周で80分設定?(聞いてなかった)となり、これはドラマがありそうだ。
スタート時は小降りになったりやんだり、という状態。天気予報は朝方だけ雨に予報なので、降り続ける事はなさそうだが・・・スタートは昨日と同様に8時から開始される。

朝のワーキングタイムではムースからチューブに変えるライダーもいて、みんな勝負に出てきている。このコースは雨が降ればツルツルに滑るか、掘れて走れなくなるそうだ。SUGOも昔はスケートリンクの様な状態で硬く滑る路面だったから、こうした路面には自信がある。大丈夫、大丈夫。参加台数も少ないから、渋滞は無いだろう。そんなことを自分に言い聞かせ、スタートしていった。
路面は湿っていて、シングルトレイルではISDEを思い出させる感じになっていた。ど〜ってことないのだが気を抜くと滑って転倒に繋がる。片側は崖である。少し緊張感があり大好きな感じになってきた。エクストリームテストの登りの崖の手前はシケインがカットされていたが、下りではなく、落下する感じの激下りはそのままで、そのうち突き刺さり前転もありうる気配。
1周目はこのテストの見えるところで立ち止まり、シングルゼッケンのライダーの動向をチェックした。みんな下っている。そんじゃ俺も行くしかないでしょう、でクリア(落下)した。でもその前にど〜ってことない所で転倒してガックリ。移動区間で気持ちを切り換えよう。コースは昨日と同じ。

攻める!!

Photo
左:すぐ前の鈴木監督を猛追中。 右:後ろのマサトンとは1秒差。間合いを測りつつゴール。

タイムキーピング制のいいところは、移動区間で休めること。体力を取り戻してテストに挑めるってとこ。
メリハリがあり攻めることも出来るし、ゲーム感覚で且つ計算しながら真剣に取り組める。いつもの耐久エンデューロとはひと味もふた味も違った楽しさがある。だから面白いんだな〜。
攻めすぎて藪の中に突っ込んで、復帰に手間取ったりもしたがまずまずの走りだった。
マシンは木古内、VEGA月山と川が多かったので柔らかめのセッティングだったが、リアの1Gを標準に戻し挑んだ。結果はバッチリ。ベストセッティングであった。

セッティングデータ

タイヤフロント:ミシュランコンペIV 90/90-21月山で使用したムース
リア:ミシュランコンペIII  130/90-18月山で使用した120ムース
サスペン
ション
フロント:木古内、月山同様
リア:減衰調整は、1Gだけ変更。1G=100mmその他、前回同様
エンジン キャブレター:ノーマル
マフラー:トムス チタンマフラー05  94db
その他ハンドル:ステルス ランディー Low
ブラケット:ステルス3本ボルトタイプ
ハンドルは、実質ノーマルより10mmぐらい高い

裕太郎は2周目に例のエクストリームの崖落ちセクションで前転(!)しアバラを打ったようで、リタイヤとなった。

ファイナルクロステスト

Photo
左:表彰式にて。 右:みんなお疲れさまだったワン。

2時間のインターバルをとり、いよいよファイナルクロス。ファイナルクロスはB・Cクラスが第1レースで、我々全日本クラスとAクラスは第2レース、最終レースとなるのだ。周回数は4周。約10分のMXレース。モトクロス九州選手権が開催される本格的なコースだ。テーブルトップやWジャンプもあり、アップダウンの激しいテクニカルコース。
1周のサイティングラップ後、スターティングマシンに昨日の順位順に並ぶ。鈴木健二君と私の間にNR王子が割って入ってきた。我々の間に入れば“雑誌に載るかもしれん"とのこと。NRとはノーリアクションのことだが結構いい感じのリアクションではないか?これからはGRと呼ぼうか?グッドリアクション!!
エンジンスタート。5秒前のボードの後、10秒以内にスターティングマシンが下された。コンクリートスタートで少しスリップさせてしまい出遅れる。ホールショットは吉川君のようだ。その吉川君のインから2コーナーへのジャンプを抜けたところで1位に鈴木監督が前に出て、その後ろにつける。3コーナーで監督のインに入りトップに!!しかしいままで飛んでいないWジャンプで抜かれて、それからは監督に離されないように必死に喰らいつく。
1周目、2周目はほぼ後ろにつけたままだったが3周目にシフトミスで離される。後ろにはマサトンがピッタリマーク。そのまま4周を走りきり、監督から3秒遅れで2位、その1秒後にマサトンが3位でゴール。4位はその後30秒遅れぐらいでゴールしてきた。裕太郎がいないのが残念だが、プレスト、ワンツースリーのブッチギリのファイナルクロスとなった。

総合結果

1位鈴木 健二ヤマハWR250F
2位藤原 広喜ヤマハWR250F
3位原田 健司ハスクバーナ250F
4位石井 正美ガスガスEC250
5位博田 巌ガスガスEC250
6位高橋 政人ヤマハWR250F

余談

帰りも1人旅で、2日掛かりで仙台へ帰ってきた。まさに6DAYSエンデューロだった。

♪みちのくぅ〜♪ひとりぅぃ〜たびぃ〜ぅぃぅぃ〜♪♪

次回は、初のSIRIESエルニドに参戦いたします。遠いなー。でも九州より近いかー。

藤原広喜プロフィール

1962年1月29日生まれ
岩手県一関市出身。'78 高校1年の時にミニエンデューロに初出場で初優勝!トライアルでジュニアに昇格/'82 にモトクロスデビュー/'83 全日本で2回優勝しノービスクラス東北チャンピオン/'84 全日本で2回優勝しジュニアクラス東北チャンピオン/'85〜'90 5年間で国際B級として東北チャンピオンを3回獲得。この間出身地に近い藤沢スポーツランド設立に協力/'91 国際A級昇格。エンデューロに初参加し「日高2Day'sエンデューロ」3位入賞/'93年からヤマハと契約し「日高2Day'sエンデューロ」で優勝。USA BAJA1000に出場するも残念ながらケガの為リタイヤ。しかしロサンゼルスで楽しい入院生活を送る。他にもエンデューロスクール、マーシャル、デモンストレーション等で活躍しながら、ヤマハ発動機販売(株)の普及活動、ライディングスクール藤沢スポーツランドの運営に協力/'95 「ISDE(インターナショナル6Day'sエンデューロ)ポーランド大会」に初出場し175クラス95位で完走/'96 「ISDEフィンランド大会」に出場し昨年同様日本人2名完走、125クラス46位でシルバーメダルを獲得。またアメリカ・ネバダ州で開催された「ペガスTOリノ」では5位入賞を果たす。/'97年、「ISDEイタリア大会」に出場し、125クラス86位でシルバーメダルを獲得/'98 WR400Fの普及の為、(株)プレストコーポレーション及びヤマハとライダー契約を結ぶ/'00 「ISDEスペイン大会」に出場、175クラス65位でシルバーメダルを獲得/'01からはWR250Fの普及の為(株)プレストコーポレーションと契約。またスポーツランドSUGOのオフロード部門に社員として在籍しSUGO 2Day's ENDURO などの運営に携わる/'06 初の日本代表チームとして「ISDEニュージランド大会」に出場、22カ国中15位、個人としてE1クラスで63位シルバーメダルを獲得