ホーム > プレまぐ!
2009年上期の最優秀賞を決定しました!
プレスト取り扱いモデルオーナーの生の声を、購入をご検討いただいている方に伝えようと考え、2008年1月から始まったオーナーズリポートの募集企画、2009年上期の最優秀賞が決定しました。オーナーズリポートVol.11で「XJ6N」のリポートを送って下さった、かんちゃんさんです。



[編集部:2009.7.23]
かんちゃん with XJ6N
かんちゃん with XJ6N

リターンライダーが選んだ(された?)XJ6N

かんちゃんさんは最近増えている(?)リターンライダーのお一人の様で、きっかけにあった「10年以上前にYAMAHAの大型バイクに乗っていた頃、乗ること、眺めること、磨くこと全てが楽しく、もう一度YAMAHA車に乗りたかった。」のフレーズが情緒的だ。が、返す刀で「価格の手ごろさも外せない要素」。現実面も忘れぬ冷静さがそこにある。  利用状況は「ツーリング、気分転換のチョイ乗り」、ネイキッド600のド真ん中な用途だと思う。しかもお住まいは九州・福岡市。ツーリングったって、ちょっと行けば魅力的なワインディングロードがたくさんあるのが九州の魅力的なところ。きっと「ちょっと乗ってくる」とか云いながら、最高の道を気持ち良く駆け回っているに違いない。

かんちゃんさんは愛車XJ6Nについて、スタイルは「結構好き」カラーリングは「キイロもグッド」とおおむね満足そう。走りについての「ゆっくり走っても楽しい。峠はもちろん高速道路でも、『速く走らせないと恥ずかしい』みたいな強迫観念がほとんどないので精神的にも楽。」というコメントがXJ6Nのキャラクターを端的にあらわしている様で素敵だと思う。
一方「ネイキッドは初めてで、高速道路での風圧がこんなにスゴいとは…。ディバージョンの方が良かったのだろうか…。」とのストレートな意見は、ライダーにとっては貴重な意見だと思われる。
街中で気負わずにスイスイ走るとか峠のワインディングを楽しむ事が多いライダーはXJ6N、ツーリング、特に高速を頻繁に使うことが多いライダーならXJ6S/SA、もしくはフルカウルのFZ6Rもある。…要はどれにするか迷ったら、主にどんな使い方をするかによって選択するモデルバリエーションの幅が多いのがXJ6シリーズなのだ。きっと未来のオーナーにとって参考にしてもらえるはずだ。
で最後に「『シフトが硬くて左足親指が痛い』ってハナシ、なんと私の痛風のせいでした(爆)。」とオチを持ってくるあたりもウマイ。そう云えば前回最優秀賞だったYZF-R6のびんさんもコネタにちょっとしたオチを忍ばせていたし、5つの質問の中でちゃんと気持ち良さとか技術的な話とか情報のポイントを持って来ているのが素晴らしい。平均閲覧数もリポートの中でトップクラスでアンケート評価でも「役に立った」が多かった。文句無し、かんちゃんさん、おめでとうございました、記念品としてiPod Touchをお贈りします。

後半もオーナーズリポート募集中!

さて2009年後半も、引き続きオーナーズリポートは大募集中だ。まさに夏真っ盛りの今、乗って走って感じたことを、ある程度のテキストボリュームで分かりやすく項目ごとにまとめてみると良いと思う。1日のツーリングの最中にあったことをストーリーとして組み立ててみるなんてのはどうだろう?とにかく気軽にどしどしご応募頂きたい。