ホーム > プレまぐ!
オーナーズリポートの年間最優秀賞を決定しました!
プレスト取り扱いモデルオーナーの生の声を、購入をご検討いただいている方に伝えようと考え、2008年1月から始まったオーナーズリポートの募集企画、本年最後のプレまぐ!として、2008年の最優秀賞を発表するとともに、この1年間を振り返ってオーナーの皆さんからの貴重なフィードバックとしてそれぞれのリポートをもう一度読み返してみたい。



[編集部:2008.12.26]
栄えある栄冠は誰に?
栄えある栄冠は誰に?

最優秀賞に輝いたのはこの方!

最優秀賞の決定はプレストのスタッフによるインプレッション・意見などの内容と写真の評価と、各リポートに設けられている「参考になったかならなかったか?」のクイックアンケートに寄せられたリポートを読んだ方からの評価の集計を基に、厳正な審査によって選出している。

岐阜県瑞穂市にお住まいの2007年式YZF-R6オーナー「びん さん」、この方に決定した。
びんさんのリポート、他の方と比較すると社内・アンケートとも評価が高かった。理由はやはりテキストの良さ。適度なボリュームを持ちつつ、それぞれの項目について簡潔にまとめられている。「好きなところ、満足している点」についても、スタイル、エンジンフィール、操縦感と、それぞれの良さをきちんと語っておられる。
その一方で不満点についても超高回転型のR6のエンジンに触れ、「通常の使用でそこを使える環境はなかなかなく、使い切って走れないというストレスが溜まる」とズバリ。私もR6好きの一人だが、普段使いには躊躇を覚えるからこれはもっともな不満だ。しかし「今シーズンはサーキット走行にも使用する予定」とも書かれていたので、きっとそちらで発散されていることと思う。
これ以外にもスイッチ類の操作性や整備性など、購入を考える人への有効な情報となっている点が高ポイントとなったのだろう。
しかもコネタとしてエアインテークに入っていたトンボの話などオチも用意済み。写真も格好良いし、投稿を整理していた私にとってもベストなリポートのひとつであった。当然平均閲覧数も高くアンケート評価もトップ。びんさん、おめでとうございました。
峠走りとしては、なかなか腰の入ったいい走りである。
峠走りとしては、なかなか腰の入ったいい走りである。

2009年もオーナーズリポートを募集します!

そういうわけで59人59台のリポートは、それぞれのオーナーのバイクへの接し方も分かって興味深いものだった。当然、来年もオーナーズリポートの募集は引き続き行なわれるので、少しだけポイントとなる点を説明しておこう。 まずテキストだが、やはりそれなりのボリュームは持たせたい。1行コメントでは不足気味でなかなか読んでいる人に有益な情報として伝わりにくいからだ。
また購入に至る動機や、購入前・購入後の出来事を時間を追って説明するのも良いと思う。これからバイクを買おうと考えている人にとっては、そうした経緯が擬似体験として感じられるからだ。
もちろん冷静な分析であることも大切。思い入れたっぷりに書いて下さる良い投稿もあったが、あまり主観的過ぎると掲載に躊躇する場合もある。「プレスト取り扱いモデルオーナーの生の声を、購入をご検討いただいている方に伝えたい」という企画の意図を汲んで、内容をお考え頂きたい。
次に写真だが、サービスエリアに入って駐輪スペースでパチリ、だけではやはりちょっと味気がない。せっかくお気に入りの愛車なのだから、少し頑張って頭の中で場面を組み立ててみてはどうだろう。ツーリングの途中ならば風景にそれと分かる山とか建物を取り込むのも良い。
画角にもこだわってみよう。コンパクトなデジカメでも今の機種は殆どでズーム機能を持っているから、ワイド(広角)側とテレ(望遠)側をうまく使い分けることで表現にも幅が出来る。ワイド側では上から撮ると頭でっかちでバランスが悪くなるから、低い位置から見上げる様に写すのが良い。また周辺物まではっきり写りやすいので広い場所を使ったり空抜きにするなどした方がスッキリとした絵になる。
テレ側では、ワイド側の様に車体の寄って奥行きを出す撮影ではなく、反対に引いて遠近感を抑えてみよう。例えば真横から全体を撮影すると、背景がボケやすいのでマシンがくっきり浮き上がる。クローズアップでカウリングのノーズ部分にのみピントを持ってきてディーテールを表現、なんて方法もテレ側ならではだ。
ともあれキチンと自分のバイクの評価が出来て、またそれを他の人にも伝えたい、という気持ちさえあれば、掲載確率はかなり高い、と言える。今回掲載された方でも、また1年乗って知った様々な経験で再応募されることも可能だしそうした経過もまた貴重な情報だ。「古いマシンだから」と云ってためらうこともない。古いからこその豊富な経験と意見があるはず。ぜひ来年もどしどしご応募頂きたい。