ホーム > プレまぐ!
親子乗り方教室リポート
7月13日に茨城県稲敷市の新利根町にあるモトクロスコースMX408で開催された「親子乗り方教室」を取材して来ました。

[2008.7.19]
ドキドキします。

意外に近い!

大きな地図で見る
茨城県稲敷市は平成の大合併により稲敷郡の江戸崎町、新利根町、桜川村、東町が合併して2005年に生まれた比較的新しい市で、南は千葉県境に、北は霞ヶ浦に挟まれる茨城県でも南側に位置しています。
モトクロスコースMX408はこの稲敷市の西側、龍ケ崎市との境に近い位置にあって、都心からは首都高、常磐自動車道を経て、つくばジャンクションからは圏央道で終点(2008年7月現在)の阿見東インターチェンジで降りて7〜8kmほどと思っていたよりずっとアクセスが良く、時間にして1時間ちょっとで着いてしまいました。
あまりこうしたオフロードコースには来たことがなかったのですが、東京からこの所要時間で来られるのは結構魅力的ではないかと思います。

まずは基本を学ぼう

午前中のファーストステージはブレーキやアクセル等の基本的なオートバイの構造の説明と、ゴー&ストップや取り回しなどの基本的な部分を教わります。
まず「よろしくお願いします!」と先生の佐々木さんにご挨拶。佐々木さんからファーストステージの目的の説明を受け、さっそく講習開始です。
講習に使うのはヤマハのPW50、10インチホイールの小さなかわいいマシンですが、おもちゃではないれっきとした「本物のオートバイ」です。このPW50と先生を囲むように総勢10名のひよこライダーが並び、アクセルやブレーキ、キックスターターなど各部の役割と操作方法を教わります。
まずはオートバイの機能についてのレクチャーです。
同じ二輪車でも普段乗っている自転車とはやっぱり別物。先生から聞く子どもたちの目は真剣そのものです。
基本操作の説明が終わると「それでは後ろに並んでいるオートバイのところに行って下さい」。初めて駆る自分のマシンが割り振られます。オートバイの横に一人ずつ並んだのを見ると、う〜ん、みんな緊張しているのか表情がカタイね。
まずはスタンドを掛けたままオートバイに跨がります。またがる時は、左手はハンドルグリップを、右手はアクセルの内側のハンドルパイプを持ちます。まだエンジンは掛けていませんが、これはエンジンがかかった状態でアクセルを掴んでいると跨がる際にアクセルを開けてしまう恐れがあるから。大人ではあまり気にしないところですが、言われてみると確かにその通りです。
跨がったら次にアクセルの開け閉め、ブレーキの掛け方の練習です。肘を少し上げて脇に余裕があるように、とか説明はとにかく細かく具体的で丁寧です。何しろ乗ったことない訳ですからね、全てが初めてですからこれは当然。
初めてオートバイに跨がって並んだ表情は真剣!

エンジンを掛けたよ

跨がった感覚もだいたい掴めたら、次はエンジン始動です。「STOP」「RUN」「START」の3段切り替えになっているハンドルスイッチを「START」にしたら、折り畳まれているペダルを引き出してキック!
最初は「もうちょっと勢い良くやらないとな〜」と思うほどおっかなびっくり?なキックでしたが、何度か繰り返すとパランッ!とエンジンが掛かりました。
おおおお〜、自転車ともモーターで動くおもちゃのクルマとも違うこの感じ。初めてバイクに乗った時の、自分と対等に感じられたバイクの存在感を思い出しちゃいましたよ。横で見ているお父さんお母さんたちの方がドキドキしている気がします。
股下でドコドコ息づいているエンジンって生き物みたいな感じがありますよね。
スタンドを降ろしポジションを確認していよいよスタート!前に回って3mほど離れた位置に立つお父さんお母さんに向かって、少しずつアクセルを開けていきます。パンパンポンパン…とアイドリングしていたエンジンの排気音が、ポンポポポパパパパ…と徐々に高まり走り始めました!
スタートできたら今度はブレーキ、お父さんお母さんたちの前で両方のブレーキレバーを握って停まります。ちゃんと出来たかな?じゃあ今度は5mくらい離れて…と少しずつ走る距離を伸ばしていきます。
練習している広場は、ミニコース脇の駐車場を一部区切った25m×15mくらいの特設コースで、端まで来たらオートバイから降りてグルッと押し歩きで向きを変えます。自転車より重い車体は取り回しが大変そう。でもこれ全部慣れるための練習ですからね。
走る距離が伸びてくれば少しずつスピードも乗って来ます。でも緊張しているからアクセルを戻すのを忘れてレバーを握ってしまったりするんですよね。そういうところも先生はしっかり見ていて、子どもたちに声をかけていきます。
広場を3〜4回往復すると、だいぶみんな慣れて落ち着いて操作できるようになって来ました。ここでファーストステージは終了。いやいやいや〜これは見てるだけでも面白かった。お父さんお母さんたちは暑さと日差しにやられてちょっとダウン気味になってたけど。
左:頑張って向きを変えます 右:ファーストステージ終了〜