ホーム > プレまぐ!
弱くしてみる
プレストコーポレーションから拝借しているFZ1…ストリート寄りのスポーツモデルではあるものの、そのしっかりした脚廻りは一般道のアスファルトの波打ちや補修パッチに反応し、ステアリングを支える腕にコトコトとキックバックを伝えてくることは早くから気がついていた。
もちろんそれはステアリングが振られたり暴れたりする訳ではない些細なものなのだが、先日乗った XVS1300A、ゆったり走るクルーザーが路面の段差や継ぎ目などの衝撃を綺麗に吸収してくれて非常に快適だった経験から、そんなにスピードを出すわけでもコーナーを攻めるわけでもない一般道ならば、高荷重を前提としているであろう標準セッティングを弱めてみたらどうだろう?と思いついた。で、さっそく試してみました。
(弓削 時保:2007.6.8)
都内、山手通りの風景。何でここかは後述。

同じサスペンションでも主目的は違う?

一口にサスペンションと云っても、機種によって大きな役割の違いがある。YZF-R1を始めスーパースポーツ系のモデルでは、サスペンションは「より速く、ハイレベルな走りを実現するための姿勢制御」に重きが置かれているし、XVS1300Aの様なクルーザでは走りの安定性とともに「快適に走行するために路面からの衝撃を吸収すること」が重視されていると云えるのではないか。
スーパースポーツとクルーザーを同じ土俵で直接比較するのは乱暴だとは思うものの、殆ど一般道ばかり走っている僕にとっては、FZ1の他のスーパスポーツと同じ高速・高荷重が前提の高度なサスペンションチューニングは、それで一般道を走るにはややハード過ぎる場合が少なからずある様に思う。もっと「姿勢制御面」より「衝撃吸収面」を重視したいわけだ。
FZ1はフロントにイニシャルプリロードの調整機能と左右独立した「伸び側」「圧側」のダンピング調整機能、リアもイニシャルプリロードの調整機能とダンピング調整機能が備わっている。
標準設定は大雑把に云えばほぼ中庸となっているので、今回はそれらを全て「最弱」に振ってしまおう。
セッティングを変更してしまう事に不安を感じる向きもあるかと思うが、あくまで設定範囲内での話であり、スプリングを切るとかダンパーオイルの番手を変えるとかまでは行なわない。不都合があればオーナーズマニュアルに標準セッティングデータが載っているので、それを参照して元に戻せば良いのだ(※でももしこれ見て試そうという方場は、自己責任でお願いします)。

プリロードを最弱にする

まずはプリロードを変更してみる。フロントサスペンションのプリロードは、フォークトップのイニシャルアジャスターをスパナで回して調整する。アジャスターには目盛りが刻んであって標準値は5.5だった。これを最小値8に目一杯緩める。
リアは車載工具に専用のレバーが入っているのでこれを用いてプリロードを変更する。こちらは7段階あり標準が3。これを1にする。ちょっと奥まった所にダンパーユニットがあるので慣れないと作業がしずらいかも知れないが、僕の場合は10分ほどで両方の変更を行うことができた。
左:金色の部分がフロントフォークのイニシャルプリロードアジャスター
右:リアユニットのスプリング上の銀色の部分がイニシャルプリロードアジャスター
ここまでで跨がってみた感じは全く違いが感じられない。何かの雑誌でリアのプリロードの変更により若干足付き性が良くなる様なことが書かれているのを読んだが、残念ながら足付き性にも違いは認められなかった。最弱にしたとは云え元が高荷重設定のサスペンションは、60kgの体重では初期の沈み込みに差は現れないのかも知れない(期待していたのでちょっと残念)。
一方フロントは、ブレーキを握って車体を揺すってみると柔らかくなってストローク量が増えているのが体感できた。
では工具をしまってさっそく試し乗りしてみよう。走り出して最初の路地をゆっくりと左折…おっ?なんか良く曲がるぞ!
極低速域でだが標準状態からすると思っているより内側を回り込んで行く様な感覚がある。そのまま通りに出て、今度は交差点を右折…おおっ!やっぱり曲がる!そのまま加速して次の信号で停止しようとブレーキをかけると、これまた前より大きめにフロントが沈む感じが分かった。さすがにこれだけ動かすと鈍感な僕でも効果が分かる。
そのまま1時間ほど都内を走り回ったのだが、流して走る速度域での右左折がコンパクトに回る様になった印象が強く、対して当初の目的である衝撃吸収性についてはさぼど違いは感じられなかった。
フロントとリアではフロントはストローク量が増えた感じが分かるのに対し、リアはその差が殆ど分からない。つまり沈まない。右左折時の変化は多分フロントが沈みやすくなった分、特にブレーキングでキャスター角が立つからではないか?と思ったりしたが、正直理屈は良く分からない。
プリロードを調整するのに使った車載工具