ホームラインナップ > XV1900A ミッドナイトスター
XV1900A
ミッドナイトスター
プレスト参考小売価格:1,627,500円(車両価格1,550,000円)
プレスト参考小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料・税金(消費税を除く)、配送料・排出ガス試験結果成績表等、登録に伴う諸費用は含まれておりません。詳しくは販売店までお問い合わせ下さい。
足付きリポート

クルーザーモデルのフラッグシップとして登場したXV1900A ミッドナイトスター。ロング&ローのフォルムはポジションもビッグ。

足つきについて
I井のコメント
シート高は735mmと低く、アメリカンモデルでの足つき性はまったく問題がありません。
ただ、乾燥重量329kgと非常に重く、少しでも斜めになると重力に負けそうです
U子のコメント
シート高は735mmと低いですが、足つきを優先するとシート前方に座らざるをえません。
まだ、乾燥重量329kgと非常に重く、車体を斜めにするのは恐怖です。

乾燥重量329kgは、YZF-R6(162kg)のほぼ2倍。全長/ホイールベースは2,580mm/1,715mmと内輪差を心配せんばかりのスケールの大きさです。シート高の低さはスタイルから云って当然ですが、車重からくる取り回しのしやすさは事前にチェックが必要です。

ポジションについて
I井のコメント
やはり、ハンドルの遠さと幅の広さに海外向モデルと痛感します。
ハンドルを目一杯切ると腕の長さが足りないのは、哀しい日本人体型を自覚します。
ただ、高速道路での走行では快適なポジションは間違いないでしょう。
U子のコメント
やはり、ハンドルはものすごく遠く、最後まで切ることができません

I井のコメントが全て。北米向けモデルであるXV1900A ミッドナイトスターの想定ユーザ層の体格は、日本人のそれとは2回り以上違いますから、平均的日本人の体格では少々持て余しがちになるのは致し方ないところ。U子は適正なヒップポイントに座れてすらいないですし…。しかし高速道路でのこのおおらかなポジションは魅力的です。

テスター紹介
I井
スタッフその1、基本スペックは身長170cm・体重62kgと中肉中背の極めて健康な平均的男子。個人的には大型車より軽量なオフ車の方が好きらしい。関西出身。
U子
スタッフその2、基本スペックは身長160cm・体重4×kgでこちらも極めて健康、ミドルクラスなら充分に乗りこなせるはず。但し大型免許は未取得。東京出身。