MENU

Frame/Form

フレーム/フォルム

走りの限界を越える、引き締められたボディ。

高速ストレートから、1コーナーへ切り込んだとき、接地した路面からスイングアーム、そしてフレームまでぶれることなく、意図したままのラインをトレースする。
リスクを感じることなく、もっと攻めることができる。そう思わせてくれるのは、YZF-R1/R1Mの安定した驚異的なマシンバランスにある。

YZF-R1/R1Mは新設計のアルミ製デルタボックスフレームを採用。旋回中のライン自由度を高めるため、車体全体の縦・横・ねじれにおいて最適なバランスで設計。

また、シートレール、ホイールにマグネシウム、タンクにアルミといった軽量素材を、車体の重心から離れた部品位置に採用し、マスを集中化させることで、高い運動能力を発揮。

さらに、歴代YZF-R1より10mm短いホイールベースが、最小回転半径3.3mと旋回性をアップさせた。

YZR-M1の思想を反映したフォースド・エア・インテークを採用。走行風圧さえもフル活用し、新気吸入効率を向上させている。

ブレーキは、軽快なハンドリングにも寄与するφ320mmダブルディスクと新設計モノブロック・アルミ製4ピストン2パッド対向型キャリパーをフロントに、良好なコントロール性を備えるφ220mmディスクとアルミ1ピストンピンスライド方式キャリパーをリヤに採用している。

Technology

テクノロジー

PAGETOP