MENU

Engine

エンジン

“High tech armed Pure Sport”を体現した、
敗北を許さないパワーユニット「CP4」。

エンジンの画像は2015年モデルです。

前にいるのは1台だけ。立ち上がりで抜けるか、抜けないか。
そんなとき、スロットルを開けるとともに圧倒的なパワーが路面を掴んでいくトラクションを頼もしく感じることができる。
それがクロスプレーンエンジン「CP4」。

998cc水冷4ストローク直列4気筒・4バルブエンジン。YZF-R1/R1MにはMotoGPマシンYZR-M1に搭載されている、車体の挙動に安定性をもたらすクロスプレーン型を採用。
歴代YZF-R1でも採用されていたが、2015モデルではじめてショートストローク化した。エンジンの回転数をさらに上げ、エンジン出力を高めることで、パワーの底上げを実現している。
また、FSチタンコンロッドを二輪市販車としては世界で初搭載し、軽量化によるロス馬力を低減化した。

その結果、歴代YZF-R1よりエンジン回転数が1000rpm上がることになり、さらにYZR-M1に近い高回転域を得ることを実現した。
フューエルインジェクションは、CP4エンジンのハイパワーを引き出すためにツインインジェクターを装備。燃焼速度を高めることで、優れた出力とトルク特性に貢献している。
エキゾーストノートにもこだわった。クロスプレーンサウンドとも言うべき不等間隔爆発による独特の排気音は、MotoGPマシンYZR-M1の音を再現している。ストレートを駆け抜けるとき、減速からコーナーを曲がるとき、耳からトラクションを感じられるような独特のミックスサウンドを奏でる。
そう、サーキットで聞いていたあのエンジンサウンドが自分のものになるのだ。

Technology

テクノロジー

PAGETOP